Happy Halloween! @ U.S.A.

サマンサの海外写真事情 第二回 アメリカ編( その2

「写真」×「アメリカ」×「ハロウィン」

今や日本でも1,155億円規模のハロウィン、19世紀初頭から民間の恒例行事として定着しているアメリカでは
その経済効果はおよそ9,000憶円とデータで示されています。(2019, National Retail Federation 米全国小売連盟調べ)
気になる内訳は、衣装 3,200億円、 デコレーション 2,700億円、 キャンディー 2,600億円、グリーティングカード 390億円です。

なんとアメリカ人がグリーティングカードに投入する費用だけで、父の日の国内市場(2017年)、
ガチャガチャ市場(2019年)、コロナ禍のリモートワーク推奨反映後のクラウドセキュリティ市場予測(2024年)と同規模です。
グリーティングカード離れが近年囁かれているアメリカですが、未だに一定の規模を保っている事がわかります。

もう一つ注目したいのはデコレーションです。
アメリカでは、各家庭、まるでアミューズメント施設かのように盛大に飾ります。スーパーやショッピングモールはもちろん、
学校(大学ですら!)、公共施設等、いたる所にデコレーションが施され、街中ハロウィンカラーで染まります。
衣装に次いで、2,700億円もの大金が費やされていると今回初めて知りましたが、全く驚きませんでした。

サマンサ家でも毎年はりきって、家族恒例行事としてデコレーションをします。
毎年飾るガーランドやパネルに加え、今年は、初めてハロウィンツリーに挑戦しました!(*^U^*)
百均で購入した木のブロックに、去年のハロウィンパーティの写真を貼り、オリジナルフォトキューブを作成。
クリスマスにしか出番がないと思っていたツリーを流用し、百均グッズと手作りアイテムを活用しているので、
低コストでステキな空間を作ることが出来ました。ご近所さんや友人にも高評価で、我が家で写真を撮って帰っていく人も!
意図せずちょっとしたフォトスポットになっているのですが、「簡単に出来るよ~」と作り方を教えてあげるととても喜ばれます♪

週末にはハロウィンパーティを開催予定です。
日本ではあまり馴染みがないグリーティングカードですが、招待状として送ろうと企んでいます。v( ̄∇ ̄)
パーティ当日は、ハロウィントッパーをストローやつまようじに付けてお料理を盛り付け、
フォトプロップスで映え写真を撮ったり、カードを使ったハロウィンゲームで楽しみたいと思っています♪ (*≧▽≦)♪


「パーティ後は、我が家用にフォトブックを作成する予定だし、お友達にはコラージュプリントをプレゼントしてあげると
喜んでもらえるかな?」「来年のツリー用に、今年の写真で早速フォトキューブを作っておこうかな?」等、色々考えては
わくわくしています♪

皆さんも、Have a happy spooky halloween!!!

つまようじをつければピックに、ストローにつければストロートッパーになる「ハロウィントッパー」
スウィーツ以外にも鶏のから揚げやサンドイッチなど、飾るだけで一気にハロウィンモードに!
ダウンロードし、写真店で印画紙に、または家庭用プリンターで厚手の用紙にプリントしてください。

▶ハロウィントッパーのダウンロード

神経衰弱やババ抜きができるカードです。イラストカードを2枚プリントしてください。
英語のお勉強ができる文字カードもご用意しました。
ダウンロードし、写真店で印画紙に、または家庭用プリンターで厚手の用紙にプリントしてください。

▶イラストカードのダウンロード

▶文字カードのダウンロード

page top